空白思考回路「」

谷山紀章さん的事象を語ってみたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GRANRODEO@タワレコ渋谷3

11/28(土) タワーレコード渋谷
GRANRODEO 3rdアルバム
「BRUSH the SCAR LEMON」発売記念スペシャルライブ


<2からの続き>

続いては準備時間をおいて、ライヴコーナー!

「瀧田さんとVALさんにも来ていただいています」とのアナウンスを聞いた途端の会場の盛り上がりは異常でした。チラチラと準備時間中も袖の暖簾(?)の間からサポメンが見えていたのはご愛敬。あれ…4人ともセンターに出てきてどうしたんだろう?と思ったら、な、なんと…

円陣生披露…!!!!!

ぎゃあああああああああ、もう本当に滾った、最高過ぎます。今日来れた事に感謝するしかない…有難うございました。バンドの気合い入れの円陣はバンドの色が出るところなので素敵ですね。普通は裏でやるので映像くらいでしか見られないところ、生はやばい生は…!!あまりにも血が騒ぎ過ぎて…紀章さんが「What time is it?」と先陣を切ったのは覚えているのですが、返しのフレーズが頭から抜けてしまった…自分の阿呆!「Show time」が入っていたのは確かなのですが。覚えている方がいらっしゃいましたら、ご一報お待ちいたしております。

1曲目「BRUSH the SCAR LEMON」…露出男祭の中継を見ていて凄く楽しみになった1曲。イントロの掛け声から臨場感が半端ない…というかステージが狭くて近いので勢いに押される感じで。「BRUSH BEAT~」の部分をメンバー皆で叫んでいるところが男らしくて格好良いですね。ツアーでもセトリ序盤に組まれそうな感触がありました。会場入りから危惧していた事ではありますが、実際ライヴが始まってみるとスピーカー死角がなかなかのもので、瀧田さんは定位置では存在が音しか確認できず、VALさんも3分の2が視覚的に不明…乗り出せばもう少し見えるのですが、左手しか見えん…!(笑)紀章さんや飯塚さん的には頭から足の先まで見放題だったので贅沢は言うまい。満足、満足。

2曲目「カナリヤ」…音源で聴くより「荒々しさ>美しさ」な印象。絶妙なのですよね、この曲…バランスが。「♪耳塞いでも聞こえる雑音は嫌いだよ」の部分でキッと下手側を見据えて歌う紀章さんが印象に残っています。曲後にはステージとお客さんまでの距離が近いことをしきりに叫ぶ紀章さん「ほら、触れちゃうぞ~vv」とセンターあたりに手を出して無邪気に遊んでいました(実際触れる)メンバー紹介はこの辺りだったかしら…VALさんは今後ロリコンを前面に押し出していくとか、18禁展開するとかとんでもない紹介を受けていたり…まだまだ露出男祭のノリが残っていますね~(笑)「そんな酷いこと言うなよ…ロリコンしゃくれ!」と言う飯塚さんが1番酷いという罠。瀧田さんは「先週より元気です」と紀章さんに紹介されていました、女子がいるからですね~(笑)今日はインストアライヴなので、紀章さん達はノーメイク+衣装は自前でのご出演だそう。メイクさんや衣装さんはきっと他の仕事が被って来られなかったんだな、それは仕方ないな…としぶしぶ自分で整えた紀章さんですが、よくよく話を聞くと、今日はお客さんとして見に来ているとの事。一度客観的にGRANRODEOを見てみたかったそうです。

紀章「来てるんだったら(メイクとか)やってくれても良いじゃん!(訴)」

3曲目「ロンリーファイター」…待ってましたのライヴ初披露。紀章さんが「初めて演る曲だから間違っても許してね?」と訴えてきました…えぇー初めてでも大丈夫なようにリハしてくださいよ、顔色伺っても駄目です(厳しい?)紀章さんの台詞は「行ってきまーす!」のみでした。飯塚さんの「こら、谷山!」は「こら、タワレコ!」とタワレコ仕様でしたね。応援団みたいな部分は本当に応援団の動きをしていて最高でした…全力でエールを送る瀧田さんに釘付け。この時は前方に出ていてくださったのでスピーカーを気にせずに拝めました。ロデ応援団良いじゃないか!実際演ってみて想像以上に楽しかったようで、紀章さんが終始「楽しい、楽しい!」と何度も言っていました。会場のノリも気持ち良く、本当に楽しかったと思います。これはツアーが楽しみですね。曲後には、飯塚さんの台詞が某所で紀章さんの声と間違われていた事や、飯塚部長、ヒラ社員谷山の設定があるとの事を話されていました。営業三課の谷山らしいです(釣りバカネタ)

4曲目「シャニムニ」…この曲を演る前に「恋音」のお話をしていて、演るのかと匂わせていたのですが…「恋音」はツアーまで取っておいて、皆に聴いて欲しいのだそうです。「恋音」はもう聴いてくれているのか…あ、ラジオのもう流れてる?どう?良い曲でしょ?歌詞書いて見せた時に瀧田さんに凄く良い詞だって褒められたんだよ、と嬉しそうに語る紀章さんが印象的でした。アルバム後の発売になったものの、歌詞はアルバム制作前に完成していたとの事。飯塚さんに先に1曲だけ歌詞を渡していたそうです。あっ、書き漏れましたがトークの時何処かで「恋音」でこいねちゃんと子供に名づけてくれたら…という話もしていました、ロデオ婚とか。「今日はカップリングの方!」という紀章さんの言葉を聞いて、「シャニムニ」大好きな自分は俄然嬉しかった…もう露出男祭の中継で聴いてからというもの好き過ぎて気持ち悪いので。待ってましたとばかりに冒頭の「HEY!」のコーレスと「シャ・ニ・ム・ニ!Fu---!」を叫ぶ、皆叫ぶ!既に一体感が出来上がっていました。何かずっと聴いていたい…と思ってしまう程に、素敵でした。ツアーでも大期待!

曲後はロリコンのVALさんの為に…と紀章さんが最年少のお客さんをチェックしていましたよ。15歳のお嬢さんが何人かいらっしゃったようです。紀章さんがVALさんに「15歳はOK?」と伺うと両手で大きく○を作って応えるVALさん。「逃げろ!」って言ったのは誰だ?そこで瀧田さんが割って入る!「じゃあ俺は…23歳は?」ちょ…リアル過ぎます(笑)

5曲目「modern strange cowboy」…先週の露出男祭で足がつってこの曲がトラウマになったという飯塚さん。楽屋に帰り着く前に歩けなくなって皆で運んだとか…(ひえー)その後、ジョイさんがマッサージしてくださったそうです。今日、紀章さん達はインストアと聴いていたので軽い気持ちで会場入りしたそうですが…実際のステージを見たらがっつりライヴハウスで焦ったそうです…今も普通にライヴになってて汗だくだ…と。あはは、リサーチ班の飯塚さん頑張れー(笑)いつの間にか飯塚さんはノースリに、紀章さんもタンクのみに変わっていました(や、脱いでいるのは見ましたがどこの曲の合間だか失念)そんなお話を挟んで始まった曲…割とヘドバンしている事が多いのですが、今日は跳ねてノってみました、これも楽しいかも。今回、ステージ幅がやたら狭いこともあって、紀章さんもあまり左右移動せず立ち位置センターを維持していたのですが…ついに下手端にいらっしゃった。近っ…!ほぼ指先の位置に百面相みたいになって歌う紀章さんが…ここぞとばかりに思い切り煽りに乗りました。スピーカーに凭れて乗り出す紀章さん、何か食う勢いを感じました…。何も考えられない位楽し過ぎる…余裕綽々な紀章さんも良いですね、格好良いよー。

実は飯塚さん、数日前から風邪をひいて寝込んでいたそうです。熱があったと聞いて皆が新型インフルエンザを疑ったのですが、検査の結果、新型ではなかったそうです。「でも俺…ライヴ中咳込んだりしちゃったから、皆気をつけてね?うがい手洗い…」と飯塚さんからお達しが。すると会場から「いいづ菌!」という声が(笑)「何かビフィズス菌みたいだね」と紀章さん。飯塚さんは熱を出してうなされている間、ツアーの曲順に襲われる悪夢を見たそうです。5曲目の楽曲に食われたとか…そんな訳で、ツアーのセトリは5曲目にご注目!との事。「今度のツアー来てくれる人!」などと会場に手を挙げさせていたのもこの辺りだったかな。

6曲目「21st CENTURY LOVERS」…最後の1曲!と前振られて演奏されたこちらの曲もライヴ初披露。跳ねるに楽しい曲に仕上がっていますね。端で押しがなかったのもあり、ガンガン跳んでおきました(今日足が筋肉痛になっているのは秘密です…普段ヘドバン派で跳ばないからか!?運動不足)セトリ前半より紀章さんの表情がよく見えた気がします…そんな姿を見ると思わず笑顔になってしまう…。「♪いつだって~」の部分で、紀章さんががっつり歌い上げている後ろで飯塚さんが全力でタオルで汗を拭いているのが可笑しかったです(見ている角度的に被る)この曲はツアーでもラストの重要ポイントに置かれそうですね。紀章さんは「ツアーで逢いましょう!」と捌けて行きました。

以上、怒涛の凝縮セトリで大満足のライヴでした。インストアとは思えない程のガチライヴで熱い時間を過ごさせていただきました。有難うGRANRODEO、冬ツアーがっつり挑ませていただきます。

<完結> お付き合い有難うございました。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

イベント・ライヴ感想 | コメント:1 |
<<お姉さん、有難う。 | ホーム | GRANRODEO@タワレコ渋谷2>>

コメント

タワレコイベント、いつもながら詳細なレポありがとうございます!
記憶力すごいですよね・・・?!

凝縮されたセトリやトークも素敵ですが、円陣生披露はたぎりますね・・・!!
以前DVDのどれかで円陣を組んでる映像は見た記憶はあるのですが、掛け声はなかったような?
いつかDVDでもいいので見てみたいですvv
2009-12-02 Wed 00:50 | URL | 桃花 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。