FC2ブログ

空白思考回路「」

谷山紀章さん的事象を語ってみたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「リトルアンカー」プレイ完了。

ようやく「リトルアンカー」のプレイが完了いたしました。

「リトルアンカー」クリア完了!

タイトル画面も綺麗に染まって感慨深いものがッ…!

追記からプレイ感想を語っておりますのでネタバレにご注意ください。


さて、今回はキャラのプレイ順だけ逐一ブログに報告していたので…既にご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ヴィオレ→フェンネル→レイシェン→ルシオ→アルヴァ→雪乃→ヨシュアの順で進めておりました。紀章さんの演じられているキャラが1番最初というのはいつもの事ですね。ヴィオレさんプレイ中から既に、ラストはヨシュア君にしようと心に決めていました…あれ?(笑)

■ヴィオレ・ラファール(@谷山紀章)

ある程度プレイ時に語ってしまったのでその他の部分で。紀章さんキャラという事で、声を聴きたいという観点では総じて満足です。この声良いですね~声の色気でキャラが生きているのを感じます。軟派キャラなので事あるごとにテンポ良く喋ってくださいますね。サボってはおやっさんに怒鳴られ、レンチで殴られ…この度々のやり取りが可笑しくてツボでした。個別ルートに入ると、割とその軟派な部分は造っている明るさという事が判明します…過去故。しかも、恋愛感情に気付いた途端に逃げまくる…!お勧めは雪乃不在時に戦闘を助けてくれる場面ですね。日頃とは打って変った冷静な格好良さに惚れます…!!攻略時ルートでのヴィオレさんも良いのですが…他のキャラのルートでも微妙に出番が多い様に感じます。レイシェン時に嫌々鍵修理していたのには爆笑しましたし、ルシオ時には脱出手助けで大活躍です…レンチで殴るという暴挙に、あの報告時の白々しい声が忘れられません。そうだ…ヨシュア時に選択によってはそれまで頑張ってきた機械達に声を掛けている独り言を聞けますが…あれはぐっときました…あの態度でいて仕事には真摯なのですよね。ED1…うっかり18禁な展開かと思いきや、ひぇーもう娘さんがッ!ED2…かなり淡泊ですが、照れ顔が素敵です。

■フェンネル・ヨーク(@日野聡)

うっかり記事を立ち上げてしまう程、彼のED1には心を砕かれました。悲惨な少年時代を過ごし、まさかの行方不明からも帰還した末に…あれは無いッ!ようやく人並みに幸せになれると信じた矢先の事故死。主人公すら居合わせない場所で、大出血に真っ赤に染まる薔薇。スチルの美しさにショックを隠しきれませんでした…感情移入という問題でなく真剣に涙が出る。確かに最初に見てしまった時はショックでしたが…このEDに関してはギャラリーで何度も再生して鑑賞してしまいました。嫌いでは無いというか…彼の乗っていた赤いSGを想わせる赤が…。ED2はギャグですね…まぁ、あれはあれでアリかもしれませんが、ED1が衝撃過ぎて霞んでしまった感あり。むしろ、雪乃のED2が良いです、あそこにフェンネルが出張出演しているとは(笑)それにしても…戦闘中の彼は何故あそこまでキチ×イになってしまうのだろう…台詞が相当怖いです、迫真。更に言うと立ち絵のポーズが終始謎でした。何故あの手つきにされたし。

■リウ・レイシェン(@杉田智和)

無口なキャラなので…前2キャラをプレイし終えた後でもどんなキャラなのか伝わってこない状態でプレイしました。恋愛という点ではあまり…急過ぎていつ惚れたんだ、と思ったりも。復讐を目的とした強化人間という突飛な設定に自分の食指は動かなかった…か。そのままED1を迎え、ええーまた子供…サラリーマン風になってしまったレイシェンさんに全く萌えず。もう少し甘い場面があっても良かったのでは?これは駄目かも…と、ちまちまED2に向かって進めていたのですが…ぎゃああああああああ、今度は呆気無くお亡くなりになるなんて!?フェンネルに続いてまたしてものキャラ死…ちょ、ちょっとした鬱ゲーだったのかな、リトルアンカー、と勘繰る。だがしかし、このED2がやたら良かったです…地球を背景に2人で撮った写真が見られますよー…なんて良い笑顔なんだレイシェンさん…(ほろり)最後に残した通信が響きます…あの一言に持っていかれる…。彼については何といってもメカレイシェンによるギャグ的な部分の印象が強いですね…何という執事。リヒャルトさんはレイシェンで遊ぶのが好きすぎるだろう…!可笑しい。私的にはバスケ時が素敵だと思います。アルヴァルート時に「アルヴァとはうまくやれ…」とぽつりと言われたのには予想外で驚きました(笑)

■ルシオ・ソアレス(@大河元気)

とても良い子なのですが…うーん…ちょっとキャラも声も苦手な方向性だったかも…。だがしかし、他キャラルートでもそうですが彼がいなければSG部隊は早々に決裂していたに違いない、欠かせない存在です。そうであるだけに、お見舞いの為に正規航路を外れるなど、明らかに緊張感の無いシナリオだったのが悔やまれます。このルートで特筆すべきはラルフですね、ラルフ!フェンネル時は妙な子だな…と思っていたのですが、ルシオ時は至極良い人で…ルシオ妹さんとの仲を応援したくなる感じでした。きっと彼を好きになれます。ルシオより先に戦う姿勢が固まっているのも素敵だったな、と。前述ですが、ED2脱走時のヴィオレの活躍には目を見張るものがあります…ヴィオレ好きの方はぜひ忘れずにプレイしてみてください、面白いです。

■アルヴァ・ローレン(@藤原啓治)

ヴィオレとはまた違うタイプの軟派…というか気障なおじさんです。終始…からかわれているのか本気なのか微妙な線で向き合うことになります。体を張って危険な日光から主人公とソフィアを守ろうとする姿など、多々男前だったので、私的には良かったのではないかと。極め付けには最終戦で一人で艦に残り…爆発。飛び散った装甲が宇宙空間を舞い、天然のチャフとなってエリュシオンを護る、という演出が素晴らしく、また死亡か…と思いつつも感動でした。実際は大怪我で済んで舞い戻ってくるのですが…ED1もED2も割と似ていた感あり。他のキャラと比べて、シナリオが舞台の裏側を追うものになっているので、後半でプレイした方が楽しめるかと思います。アルヴァのモテ具合に嫉妬するヴィオレさんは見所ですよ~アルヴァフラーッシュ!!は何というギャグ…ヴィオレもあと10年すれば身に付くよきっと…(笑)

■白浪雪乃(@緑川光)

眼鏡の堅物という典型的な副艦長ですね。このタイプのキャラは好きな方が多い一方…自分は全く食指が動かないので、自分がどうであれ好みによっては楽しめるのかと。もう…彼のサポート無しには主人公はこの戦いを生き残れませんでしたね、プレイ中何度彼の意見に賛同したことか。色々甘いところもありますが。しかし、雪乃は終始フェンネルというか凪人が絡んでくるので、雪乃を楽しみたい方には若干物足りなさがあるのかもしれません…。自分はフェンネルを先にクリアしていたので、いざ雪乃をプレイしようとしたら殆ど同じシナリオで拍子抜けしました。そう!ゴキブリ殲滅作戦が始動したときには何事かと思いました、総動員。プロフィールを見たら雪乃もフェンネルも苦手なものがゴキブリになっている!か、過去にこの兄弟に何があったのだろうか…トラウマになる程…。

■ヨシュア・ラインベルガー(@岡本信彦)

イチ押しのツンデレ。個別ルートに入ってから選択によってはキスばかりしている…ので他キャラよりは甘いような気がします(爆笑)いちいち照れて挙動不審になるので反応が可愛いですね、主人公にしてもキャラ自体も幼いので大人な恋愛を好む人には不向き。シナリオも他と比べて割としっかり作ってあったので楽しめました。恋愛部分とのバランスが良い。何はさておき、岡本さんの演技が◎でした、このキャラも声で生きていると感じます。ED1はまぁ普通でしたが…ED2がもの凄いツボでした。壮年のヨシュアが至上に好み過ぎたッ…将来有望じゃないですかこの子!!(ちょっと落ち着こうか)たいして年下キャラに興味がないのに盛り上がっているのはこれが原因です。言っている事も成長を感じられて何だか嬉しい。途中で父親も出てきますが、それよか数倍素敵な殿方です。満足。とても牛柄パジャマで寝惚けていた子とは思えないよ…あのイベントは面白いので必見。誰のルートか忘れましたが、どこかで話し掛けた時に戦争が終わってもあったことを忘れてはいけない…的な話をされたのが堪らなかったです、あの凛とした空気が良いのですよね。

そんな感じで…シナリオの出来不出来がキャラによってばらつきがありますが、総じて楽しめるゲームだったと思います。自分はゲームが下手なので戦闘が気がかりだったものの、実際はさほど難易度が高くないので誰でもクリア出来ると思います…普通に倒すだけならボケボケしていても敗戦はまず無いかと(戦闘中のミッション攻略時とフェンネル出撃時は配分を間違えると撃沈する可能性はありますが…)私でアレなので、もうちょっと難しい方が燃えるかもしれませんね。こちらの戦闘、コンポ時のカットインがやたら麗しいのが良いと思います。また、戦闘時のみの会話も沢山聴けるので…色々試してみる価値はありそうです。

さて、後は来月のイベントを楽しみに待つだけとなりました…万全ですよー!
スポンサーサイト

テーマ:乙女ゲー - ジャンル:ゲーム

作品視聴感想 | コメント:0 |
<<フレーム外の真実。 | ホーム | この声を君に捧げる。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。