空白思考回路「」

谷山紀章さん的事象を語ってみたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

うたプリプレミア上映会【2回目】その1

2011年6月18日(土)
『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%』
第1話プレミア上映会<2回目>
at 秋葉原UDX THEATER


出演者:寺島拓篤さん・谷山紀章さん・上松範康さん

はいはいはい、念願のうたプリ上映会に早速参加してまいりました。私的に秋葉原UDXでのイベントは出演者が移動時に建物内を歩き回っているイメージがあるのですが、今回も期待を裏切らず待機列の横を普通に通っておりました。イベント前に紀章さんの出で立ち確認が出来てしまい…奇天烈な服じゃない、ほっ…と胸を撫で下ろしたのも束の間。人を寄せ付けない雰囲気全開の紀章さんを怖いと思ってしまったり。滅多に紀章さんを怖いと思う程の事は無いのですが…(一緒にいたN沙さんもそう思ったそうなので、強ち間違いではないかと)どうしたんだ…翌日のGRANRODEO公演を前にしてKISHOWモードにでもなっていたのだろうか…。

そうこうしているうちに座席抽選、入場。

……。

…………。

どわーーー!最前列どセンター引きました!!

入場してみると、スクリーン前ステージ(という程の設備では無くちょっとした段差の上)には椅子3脚が準備されておりまして、上手にはそれとは別に司会者用机。スタッフさんが椅子横にミネラルウォーターのペットボトルにストローを差したものを準備しておりました。抽選用紙に示された座席に座ってみると…ものの見事にセンターの椅子前。いやもう…寺島さんから呼び込むだろうから寺島さん上手椅子…目の前、中央椅子は紀章さんだよなぁ…と考えると落ち着きません。スクリーンに映し出されているマジLOVE1000%のロゴを見たり、会場内BGMにキャッキャしながら開演を待ちます。会場内BGMは今回の出演者である寺島さんと紀章さんの関わるキャラソンばかりがチョイスされていて大変芸が細かい…スタッフさんの愛を感じました。

司会の小野さんがステージの現れ、ご挨拶されたところからイベントスタート。「こんにちはー!」の返しがいきなり過ぎて薄かったのでやり直していたり…小野さん、なかなか面白い方でございました。間もなく出演者を呼び込むことになり…寺島さん、紀章さん、上松さんの順に下手に設営された囲い部分からご入場。そうなると、予想の通りで上手から寺島さん→紀章さん→上松さんの順にご着席になる訳で…うあああああああ、中央席の紀章さん近っ!!!近いと何処を見ていいかわからなくなりますよね…。3人とも会場全体を見渡していらっしゃいました。各々の服装については各人のブログ等に集合写真が紹介されているので詳しくは割愛しますが、寺島さんは音也をイメージした赤いポロシャツにデニム…紀章さんと上松さんはキメキメなのに対して、自分だけ「ちょっとそこまで…」な格好になってしまったと漏らしておりました。

以下、トーク内容(順番は失念しました…ごめんなさい)

ご自身のキャラクターの魅力については、寺島さんは音也の真っ直ぐなところを挙げられていました。音也かなり高い声で演じているそうで…アニメ第1話を見て「高っ!」と自分自身で吃驚されたそうです。紀章さんは那月の天然な性格の話から始まり…そしてとんでもない料理の腕の話をされていました。

谷山&寺島「那月の料理は化学実験!ケミっちゃってる!!」

紀章さんが「あれですよ、毎週本編後に那月のなんちゃらクッキングー!とかミニコーナー作って…毎週レシピとか紹介しちゃうんだけど、絶対に失敗する…出来上がりは酷い」といった面白アイディアを上松さんに提案していました…これ、本当に見てみたいですよね~(笑)紀章さんは、アニメの那月を演じるにあたり、ギャグ的なミニキャラ化部分に苦戦されたそうです。音響さんに「谷山さん!もっとやっちゃってください!」と言われても…それまでゲームで培ってきたイメージがね!と。

上松さんは、アニメでもゲーム同様に歌が先にありきでの制作をされているとの話をしてくださいました。アニメ1話に関してはもう10回程ご覧になられたとか。キャラクターに関してはもう息子のように思っていらっしゃるそうで、お母さん気分との事。そんな話をしていたら、紀章さんが唐突に「上松さんって何か尾木ママっぽい!…オネェっぽい!上ママだ、上ママ!」などと言い出したので、会場中大爆笑でした。その後、那月の眼鏡の秘密の話になった時に、上松さんが「いつも僕は眼鏡掛けているんですが、今日はしてないんですよ」と言ったところ、すかさず紀章さんが「上松さんは、眼鏡を外すと…上ママになる!」と拾ったものだから上ママネタが再燃。みんなツイッターとかやってるから、上ママネタが拡散されるんじゃないかという話に…

谷山「じゃあ俺も久々にログインして拡散すっかな…2週間ぶりに
寺島「ツイッターで2週間ぶり!?」
谷山「そそ、俺飽きっぽいから間空いちゃうんだよね~」

此処で司会の小野さんが携帯を取り出し「何なら僕が今すぐ1番手になって呟きましょうか?」と乱入したものだから上松さん大慌て…!大変コミカルな一幕でした。また、1回目の時に紀章さんと宮野さんで「きしょうぃっしゅ!まもっしゅ!」などと言って遊んでいたらしく…

谷山「きしょういっしゅ!あげまうぃっしゅ!…拓篤!」
寺島「何で僕だけそのままなんですか!…僕も何とかうぃっしゅで盛り上がりたかったのに…」

と、いじける寺島さん。その後、司会の小野さんや上松さんが「たくまっしゅ!」と呼んであげていました(笑)紀章さんは自身の無茶振りが過ぎたと思ったのか「上松さん!偉い人なんだから全部拾わなくていいんですよ…!宮野真守であるまいし!」と此処に居ないのを良いことに宮野さんをオチに。

自分のキャラ以外で気になるキャラは誰か、という質問に答えて…寺島さんが林檎先生を挙げたところ、隣で紀章さんが「あーーっ!!先に取られたー!!」と騒ぎだしたり、お2人とも林檎先生が気になるご様子。

谷山「本来ならスフィアの子が声あてるような女の子が画面に映ってるのに…」
寺島「マイクに向かうのは中村悠一君っていうね」
上松「僕は普段の中村さんをよく知らないので…ああ、林檎ちゃんだなって素直に思ったんですけど…」

谷山&寺島&会場「えええええええええええ!?!?!?」

谷山「彼は普段はふてぶてしくどんと構えた男ですよ。でも、この現場ではシャカリキで頑張ってます!俺、あんなにシャカリキなゆう…中村君を見たのはおお振りの第1期以来ですよー」(※紀章さん、普段は悠一君って呼んでるのかな?何回もゆうい…と言い掛けて中村君に言い直していました)

谷山「あいつ、俺可愛くできてるかな?って聞いてくるから皆で可愛いよ!って言ってるんだよね…ボディビル大会の『キレてます!キレてます!』みたいに『可愛いよ!可愛いよ!』って」
寺島「そうそう、『林檎ちゃん可愛いよ!』ってね」

何だか凄い収録現場の様子が垣間見られました。司会の小野さんはうたプリをしっかりプレイしてから今日のイベントに臨んでくださったそうなのですが(今日出演の3人は全員クリアしたとの事!)、ゲーム中に林檎先生が登場した際にはゲーム音声の故障かと思ってPSPを振ったらしいです。その発言で会場の爆笑を浚った小野さんに対し、「あーっ!全部持っていった。ずるい、小野さん面白い事言おうとしてるもん」と紀章さんがご立腹(笑)上松さんは収録現場でのアドリブの多さに吃驚したという話もされていました。特に若本さんは、台本のどこを読んでいるのかわからなくなったそうです。

上松「どの現場でもあんな感じなんですか?若本さんは…」
寺島「あの人は別格です!」
谷山「『職業:若本』って感じ」

<今日はここまで、その2に続きます>

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

イベント・ライヴ感想 | コメント:0 |
<<うたプリプレミア上映会【2回目】その2 | ホーム | 俺がその様に変えてやる。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。