FC2ブログ

空白思考回路「」

谷山紀章さん的事象を語ってみたり。

GRANRODEO@タワレコ渋谷2

11/28(土) タワーレコード渋谷
GRANRODEO 3rdアルバム
「BRUSH the SCAR LEMON」発売記念スペシャルライブ


<1からの続き>

ここで司会のお姉さんから事前アンケートのコーナーへ行きます、と。入場前に「あなたが磨きたいものを教えてちょーだい」というアンケートに答えてもらったものの中からチョイスしてお姉さんが読み上げてくださいました(そういえば…あのアンケート用紙、例題がKISHOWの顔を磨きたい~!って書いてありました、地味に酷い!笑)1つ目…「飯塚さんのギャグセンスを磨きたい」という回答。「えっ?俺?どーいう事だ!」と心外な飯塚さんに「飯塚さんのギャグセンスがわからなくて?」とフォローする紀章さん。結局、聴く方を磨いてください…と上手い事纏まりました。後は順番は忘れましたが、「ハチ公」とか「演技力」とか「恋愛のスキル」とか「GRANRODEOに捧げた青春」とか「ギターの腕前」とか「バネッサ号」とか…バネッサ号はジョイさんが磨いてくださっているそうですよ。流石奥さん。ギターの腕前では、飯塚さんがギター学校を創って入学金を持ってトンズラする…などという話も。で、何番目かに自分の書いたものも読まれました、T紀さんとバトルした甲斐があったかな。

『私が磨きたいのは料理の腕です。』

紀章「お、やっぱり料理が出来る女性っていうのは良いですよ~」
飯塚「うん、うん」

『特に極めたいのは飯塚さんも大好きなカレー、名付けてロデオカレー』

カレーと聞いた途端に満面の笑みの飯塚さんが可愛かったです、本当にカレーがお好きなのですね!意外と好感触な紀章さんを前に、先に続く文章を知っている私とT紀さんは面白くて仕方がなかったのは言うまでもなく。

『隠し味はズバリ梅です!』

梅と聞いた途端にもの凄ーく嫌だという顔をする紀章さん。大成功!(こら)

『梅嫌いの紀章さんも納得の味を目指します』

最後ちょっとだけフォローしておきましたが「それでも絶対食べねぇぇ!!」という顔を崩さない紀章さんなのでした。期待通りで本当に可愛いなぁ///いや…自分で書いておいてなんですが、梅の入ったカレーが美味しいかどうかは未知数です(でも帰ってきてからネット検索したら本当に「梅カレー」は存在するようですよ)そして、私が作ってもカレーに梅は入っていないから安心して良いよ、と申し添えておきます。紀章さん、遊んでごめんなさいでした…愛故なので許してください。で、梅の話から「飛行機の中で梅のおにぎりは食べたくない、最悪の組み合わせだ」という話に…今度から梅の入ったおにぎりは出さないよう気をつけます、とロデオスタッフさん。で、暫くしたら今度は自分のみならずT紀さんのアンケートが読まれました。「飯塚さんに張り合えるようなギャグセンス」…T紀さんが飯塚さんみたいになるのかぁ…紀章さんみたいにツッ込めるようにならなくちゃ。採用おめでとうございました。

ラストの回答は…「彼女に対するくさい一言」、それによっていきなり無茶振りが発生し、GRのお2人にくさい一言を言ってもらうという流れになりました。「くさい一言でしょ?…くさや」とか「ぷぅ~(※おならの音)」とか「はぁ~(※吐く息)」で乗り切る飯塚さん。紀章さんは色々な所で言わされているからまた同じの言ってる、とか言われるし、もうネタ無いよ!と嫌がっていましたが…「僕は今、リチャード・ギアの気分だ。だって目の前にこんなプリティー・ウーマンがいるんだから」という台詞を披露してくださいました。その台詞を聞いた飯塚さんが「僕は今のび太くんの気分だ…目の前にしずかちゃんがいるんだから」と発言。しずかちゃんと聞いて、「あの子ヴァイオリン下手だよ?」と冷静にツッ込む紀章さん。すると、今度は…

飯塚「僕は今カツオ君のようだ」
紀章「その心は!」
飯塚「目の前に花沢さんがいるから…」

などと暴走。紀章さんが花沢さんの声真似をしていました。しかも、「嬉しくないよこれ…花沢さんなんて言われたら彼女怒って帰っちゃうよ、『誰が花沢よ!(怒)』って」と話されていました。飯塚さんが「俺、新潟のラジオ出た時にDJさんに良い声ですね~って言われたんだよ」と話されていたのはこの演技の時かな。すると紀章さん、袖にいるマネージャーの北野君に向かって、「ねぇ、賢プロにもう一人くらい増えてもいいよね?まずはサンプルボイス録って…」とすかさずアピール。すると、何故かタイミングよくガツンと裏から物音が!(驚)

紀章「な、何?北野君キレてんの?」
飯塚「裏でゴミ箱蹴ってる!お、怒んないで!」


と怯える2人なのでした。多分、トークはこんな感じだったと思います。多々記憶が抜け落ちていますが、思い出したらひっそり追加しておきますね。どこかで飯塚さんが「今日はタンブリンマンの公録なの?」と言ったら、今日は漢字の紀章じゃなくてKISHOWで仕事に来てるから違う、と紀章さん。その拘りは健在(便宜上、紀章・飯塚でレポ書いてしまってごめんなさい…)途中で司会のお姉さんが「恋音」のシングルについて宣伝もしていました。タワレコ特典はあの丸い「We are GRANRODEO」ステッカーの白版だそうです。それと、「ケンゼンなロック講座」がCD化されて、ライヴ会場にて限定販売されることに決まったとの事、要チェックです。

トークライブの最後で、スタッフブログで掲載されている会場をバックにした記念写真を撮られていました。一緒に写れた方々は良い記念になりますね。

<3へ続く> お付き合い有難うございます。
スポンサーサイト



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

イベント・ライヴ感想 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>